×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 ペルー マチュピチュの旅
トップ 基本情報 準備 現地の交通 観光案内
事前プラン | ペルーに行く前にする事 | ペルーに持って行きたい物
PLAN
■情報収集


王道ですが
「地球の歩き方」
旅行の情報収集はとても大切です。ここをしっかりしないと、現地で思いがけないトラブルに巻き込まれて旅行が台無しに。なんて事になる可能性もあります。

インターネットには幅広く情報が載っており、「ガイドブックを買わなくても大丈夫。」と思ってしまいがちですが、現地で何かあったときのために、ペルーへガイドブックを持参することをお勧めいたします。移動の時の暇つぶしにペルーの歴史や文化について学ぶのも良い機会ですし。ガイドブックは情報が古いと役に立ちませんので、中古本屋などで買わずにきちんと最新版をお買い求めになることをお勧めいたします。たったの二千円程度でちゃんとした情報を得られたと思えば安いものです。

また、インターネットなどで、訪問した方の感想を参考に行き先の選定や交通の選択をすると、よりよい旅ができると思います。インターネットで重要だと思った資料は必ずプリントアウトして持って行きましょう。現地ではインターネットカフェはあるものの、日本語が使えないことがあるので、日本でできることは日本でやっておきましょう。

■行きたい場所の選定

情報収集にて得られた情報を参考に、滞在期間を考慮しながら行き先を選定しましょう。

とは言いつつも、きっとみなさんマチュピチュは外せないと思います。朝日に映ったマチュピチュを見たい方は麓の町への滞在が必要になるため、2日間必要となるので注意してください。

他にもペルーは見所いっぱいなので行き先の選定には迷うかもしれません。でも、旅行はこういったことを悩むのが楽しいんですよね。

◆リマ ペルーの首都。国際線が発着するので必ず訪れます。ついでに教会やスペイン人が作ったコロニアル建築を鑑賞。
◆ナスカ ナスカの地上絵。だれもが知っている世界で1番巨大な絵です。セスナに乗って空から鑑賞。ゼビウスをしていた人は更に感動するのでは?
◆クスコ インカ帝国の首都。インカ時代の石組みとスペインの文化が調和する美しい街です。実はこの街も世界遺産なんです。
◆プーノ チチカカ湖に浮かぶワラで作られた人工島は、歩くとふかふかしていて一見の価値ありです。
◆イカ 砂漠の中に突如現れるオアシス。スノーボードならぬサンドボードを楽しむ事ができます。
◆アレキパ グランドキャニオンより浸食が深いコルカキャニオンでコンドルを眺めたら、頭の中には名曲「コンドルが飛んでいく」が流れます。
◆イキトス 熱帯雨林のジャングルの中にある都市。アマゾン川を船でゆったりと。高原や砂漠だけでないペルーの魅力を堪能。
※私が旅行した都市は「リマ」、「クスコ」、「マチュピチュ」、「プーノ」です。写真はこちらを参照してください。
■ツアーにするか、個人手配にするか?

ツアーにするか、個人手配にするかですが、大きく分けて以下の3つのタイプで分かれると思います。

■下調べする時間が無く、限られた時間の中でペルーを満喫したい「夏休み旅行」型
日本からのパッケージツアーで安心を買ったほうがいいでしょう。飛行機とツアーの会社を別々にするとやりとりも別々になるので手間が掛かります。また、雨季では土砂崩れなどで列車が1日動かないなどのトラブルも年に数回あります。パッケージツアーの場合、飛行機の延期などの手配も一括で行ってくれますので、現地での時間を十分に取れない方はパッケージツアーを選択しましょう。

■ツアーに含まれていないどうしても行きたい都市がある「自由旅行」型
飛行機は日本で予約して、現地の旅行代理店に交通、ホテルの手配等をお願いしましょう。ペルーには日本人が経営しえいる旅行代理店が多く、飛行機の日程と行きたい都市を言えば適切なプランを組み立ててくれます。ただし、プランによっては日本からのパッケージツアーよりも高くなることもありますので注意してください。

■時間はたっぷりあるけどお金が無い「バックパッカー」型
英語のサイトになりますが、インターネットにて、ホテル、ペルー国内線、マチュピチュ行きの列車の予約をしてから行くことをお勧めします。特にマチュピチュ行きの列車についてはハイシーズンには3,4日予約が一杯で乗れないなんてことも多々あります。マチュピチュへは電車でしかいけないので列車の予約はしておいた方がいいと思います。チケットは「ペルーレイル」のサイトで予約できます。長距離バスについては各都市頻繁に出ており、バスターミナルに行けばその場でチケットも買える為、予約の必要は無いと思います。

■スケジュールの決定

ツアーに申し込んだ方は自動的にスケジュールは決定ですね。また、現地の旅行代理店に相談した方も、現地の方が大体スケジュールを決めてくれると思います。
ペルーへの飛行機は直行便が無いため、北米経由になります。日本からは地球の反対側ということもあり、往路で2日、復路で2日の計4日間移動に掛かると考えておいた方がいいと思います。そのため、ペルーを旅行するには最低でも8〜10日間確保した方がいいと思います。6日間のお休みでもマチュピチュを見ることは可能ですが、せっかく地球の反対側に来るんですからもう少しだけのんびりしてみてはいかがでしょうか?

<旅の知識へ ペルーに行く前にすることへ>