×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 ペルー マチュピチュの旅
トップ 基本情報 準備 現地の交通 観光案内
飛行機 | バス | 列車
TRAIN
■ペルーの列車
VIEW_FROM_TRAIN
マチュピチュからクスコに戻る
列車から見える、クスコの夜景
ペルーの鉄道は1851年からの長い歴史を持っていますが、近年では赤字による路線縮小傾向があり、旅客列車の運行は縮小されています。現在では旅客者向けは主に山岳部の一部のみの運行となっています。ただし、マチュピチュに繋がる道路がまだ整備されていないため、現在は電車でしかマチュピチュに行くことは出来ません

雨季になると土砂崩れなどの影響で、運行が中止されることも年に数回あるので、雨季に行かれる方は旅程には1日程度余裕を持たせていく事をお勧めいたします。1日延長になっても同じく世界遺産の都市であるクスコで過ごせますので、1日余裕を持たせるぐらいがちょうど良いかも知れません。せっかくペルーまで来てマチュピチュが見れなかったということは避けたいですしね。

ペルーの鉄道は飛行機のように席の質によるグレードで料金が変わります。観光客は観光客用の席にしか座ることが出来ません。マチュピチュ行きの列車は、列車ごとにグレードが別れているので、席のグレードによって出発時間が異なりますので注意してください。一般的に旅行者が乗る車両としては、ビスタドームとバックパッカークラスの2種類があります。値段が安いバックパッカークラスは、人気があり予約が取りにくいため取れたらラッキーです。ただ、バックパッカークラスは席が硬く、対面式のため、夫婦やカップルで快適に旅行をしたいと言う方はビスタドームがいいのではないでしょうか。

■路線
ペルーでは、鉄道網が整備されておらず、現在運行されている区間は以下の3区間のみとなっています。
 @クスコ⇔アグアスカリエンテス(マチュピチュ)
 Aクスコ⇔プーノ
 Bプーノ⇔アレキパ

@クスコ⇔アグアスカリエンテス(マチュピチュ)
マチュピチュの最寄駅はアグアスカリエンテスという駅で、マチュピチュに行くためにはこの駅で降りることになります。マチュピチュ行の列車はクスコからのみという考えがありますが、下記の時刻表のように実はオヤンタイタンボという場所からの方が本数もあり、そちらの方が料金も安く行くことが出来ます。ただし、ペルーレイルからのホームページからの購入は出来ませんので、現地で購入するか、現地のツアー会社の方にお願いすることになります。オヤンタイタンボ付近も聖なる谷と呼ばれる観光地であり、旅程に余裕のある方は、オヤンタイタンボから行かれてもいいかもしれませんね(クスコからオヤンタイタンボまではタクシー、または現地のバスで行くことが出来ます。)。私はクスコからの往復で列車に乗ったのですが、帰りの列車から見るクスコの夜景が綺麗だったので、オヤンタイタンボから乗る人も、帰りはクスコまで列車で行くのもありだと思います。
 
行き
帰り
料金($)
クスコ
オヤンタイタンボ
マチュピチュ
オヤンタイタンボ
クスコ
往復
片道
VISTADOME1
6:00
8:05
8:15
9:38
15:30
15:53
16:58
19:23
$113
$66
VSITADOME2
(混雑期のみ)
6:15
8:35
8:40
10:12
15:55
17:35
17:38
20:20
BACKPACKER
7:00
9:20
9:25
10:54
17:00
18:38
18:41
21:23
$73
$46
VISTADOME
VILLE1
   
7:05
8:19
       
$77
$46
VISTADOME
VILLE2
       
8:35
10:03
   
VISTADOME
VILLE3
   
10:30
11:44
       
VISTADOME
VILLE4
       
13:20
14:37
   
VISTADOME
VILLE5
   
14:55
16:14
       
VISTADOME
VILLE6
       
16:45
18:02
   
BACKPACKER
CERROJO1
   
9:05
10:35
16:20
17:55
   
$57
$40
BACKPACKER
NOCHE
   
20:15
22:00
5:45
7:44
   
$47
$34
*行きがビスタドーム1、帰りをビスタドーム2と異なる電車にしたり、行きと帰りを異なる日にすることも出来ます。
*クスコ〜マチュピチュ間の列車は行きは左、帰りは右側がお勧めです。

Aクスコ⇔プーノ
クスコ〜プーノ間の列車は最高地点4,319メートルとかなり標高の高いところを通る列車として知られています。本数は毎日出ておらず、2007/9時点では月、水、土曜日の週3本が基本で、混雑期は金曜日も運行するというスケジュールでした。お客さんが集まらないと運行しないということもあるそうです。バスとほぼ同じルートを通り、スピードもバスの方が速く、本数も多いため、正直、「高原列車に乗りたい!」という目的以外ではお勧めできません。移動の手段としてではなく、列車の旅を楽しめる方にはいい思い出になると思います。
 
クスコ⇒プーノ
プーノ⇒クスコ
料金($)
クスコ
ユリアカ
プーノ
ユリアカ
クスコ
片道
ANDEAN EXPLOER
(FIRST CLASS)
8:00
16:30
16:35
17:50
8:00
9:10
9:15
17:50
$143
BACKPACKER
$22

Aクスコ⇔ユリアカ
40人以上の貸切専用でないと運行されないため、個人で旅行する方は乗ることは無いと思います。

■予約の方法

予約の方法は主に以下の2つが主な方法です。
 @現地のツアー会社に予約をお願いする。
 Aペルーレイルのホームページから予約する。

@現地のツアー会社に予約をお願いする。
現地のツアー会社に自分の旅程を相談して、それにあったチケットを取ってもらう方法です。メールなどで相談するだけで全て手配してくれますので、時間が無い方や、自分で計画する旅程に不安がある方は利用するといいでしょう。料金は正規料金+手数料$20程度を上乗せした値段で購入可能です。

Aペルーレイルのホームページから予約する。
ペルーの鉄道を運営しているペルーレイルのホームページにアクセスして、日付、路線、グレードなどの情報を入力してチケットを予約します。乗車日の5日前ぐらいになると、ペルーレイルから予約番号付きのメールが届きます。それを印刷したものを持って行き、現地のペルーレイルで見せて支払いを済ませるとチケットを購入することが出来ます。ただし、ペルーの会社なので、必ずメールが来るとも限らず、ホームページで予約した人でもメールが届かなかった人も沢山います。ピーク時でなければ現地での購入も可能ですが、ピーク時に旅行する方は、現地のツアー会社にお願いした方が確実でしょう。

*マチュピチュ行の列車は、チケットを購入する駅はワンチャック駅(プーノ行きの列車が発着する駅)、乗車する駅はサン・ペドロ駅と異なりますので注意してください。

<バスへ リマへ>